{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012019909641   整理番号:68A0180079

ポプラ材のあて材の判定可能性

Uber Erkennungsmbglichkeiten von Reaktionsholz in Pappelholz.
著者 (1件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 140-142  発行年: 1968年
JST資料番号: H0108A  ISSN: 0044-3867  CODEN: ZLPAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポプラ材は製紙用,繊維用パルプ,単板,マッチ棒製造に利用されているが,あて材の含有分が高いため品質を低下。本稿では,このあて材の迅速決定法,ルーペおよび顕微境,肉眼による方法,けい光染料と紫外線による方法を解説。ルーペおよび顕微境による方法には,よう素塩ヒ亜鉛,Chroma-Ges製Astrablau FM,Car1Pinnow製Chloraznl Black E,Bayer製Directtiefschwarz SFの使用力適当。肉眼鑑別法には,Safranin TおよびLichgrun SFカ使用され,分析用石英ランプには,VEB Labo-rchemie製Fluorescein-Na,PhloxinおよびHoechst製スルホローダミンが適当。けい光染料は有効;写図4参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る