{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012026360442   整理番号:68A0136368

アルキル化反応によるイソプロピルアニソールの合成

Синтез изопропиланизолов реакцией алкилиро-вания.
著者 (4件):
資料名:
巻: 41  号:ページ: 342-345  発行年: 1968年
JST資料番号: R0140A  ISSN: 0044-4618  CODEN: ZPKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アニソール(I)にA1Cl3の存在下プロピレン(II)を20~80°Cで吹きこんで,モノー,ジー,トリー,イソプロビルアニソールを生ずる時の反応速度を検討。モノー,ジー,トリーを生ずる反応速度の比K1:K2:K3は20°Cでは1:0.86:0.79,40°では1:0.87:0.75,60°では1:0.90:0.72,80°では1:0.93:0.71.K1×103[1/min〕は20°で12.83,40°で28.87,60°で44.02,80°で63.51。活性化エネルギーは7.4kcal/mo1.濃硫酸(d=1.835)を触媒としてIの30~40%使用する時は130°CでのIIの吸収は著しくK=2.4×103 min-1.陽イオン樹脂KU-2を触媒とする時もトリーまで生じK1は120°で1.16×10-3,140°で1.54×10-3,活性化エネルギーは4.7kcal/mol.140°でのK1:K2:K3=1:0.25:0.10;表2参13
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る