{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012028164330   整理番号:68A0202957

統計的線形化法の適用におけるある誤差

ОБ одной ошибке применения метода статистической линеаризации.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号:ページ: 194-196  発行年: 1968年
JST資料番号: R0006A  ISSN: 0005-2310  CODEN: AVTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では,広帯域正規分布外乱ξ(t)の存在する振動系の解析に統計的線形化法を適用することについて考察する。ただ,系の振動周波数はξ(t)の基本スペクトル周波数帯域に在るものとする。今,系の非線形方程式W(p);F(x)+x=ξ〓〔W(p)は系の線形伝達関数,F(x)は系の非線形変換関数〕を考える。非線形変換F(x)をF(x)〓k1・x1+k2・x2,x1+x2=x=Asin wot+ξ(t)の形に線形近似した時のk1,k2の決定を行ない,系の解析結果を実験値と比較検討する;写図2参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る