{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602012028608077   整理番号:58A0051691

ゼラチンの増感性およびカブリ作用に対する活性化

Activation de la sensibilisation et de la formation du voile dans les gelatines.
著者 (1件):
資料名:
巻: 29  号: 12  ページ: 452-453  発行年: 1958年
JST資料番号: E0084A  CODEN: SIPHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ゼラチン中の不〓剤の写真特性に大きな影響を与える。この作用は不純物中の微量の活性剤によりはなはだしく影響される。この活性剤はたとえばある種のシスチンとアルデヒドとの結合物と考えられ。ゼラチン中に0.5~5mg/kg存在すれば著しく感度を増加させるが,それ以上存在すると有害
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る