{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602012040008727   整理番号:58A0061859

任意関数発生の諸方法 II

Oscilloscopic Analysis of Relay Performance.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 6-9  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0499A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
光電式関数発生器を解説,その一つの方式はブラウン管の画面に任意の関数形をもつマスクを置き,ビームの縦線の長さを関数の大きさに比例させる。この線を光電管で受けてパルスの幅に換え,横の掃引を時間軸とすると関数のサンプル値のパルス幅変調ができ積分回路およびフィルタを通して関数電圧を得る。他の方法として円板状のフィルムに関数形を焼付けこれを同期電動機で廻して上のブラウン管と同様の役割をさせるものがある
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る