{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012046998516   整理番号:68A0260974

反射性傾角探査のオッシログラムを解釈する若干の問題

Некоторые вопросы расшифровки осциллограмм возвратно-наклонного зондирования.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 1007-1013  発行年: 1967年
JST資料番号: R0086B  ISSN: 0016-7940  CODEN: GEAEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一点振動数による反射性傾角探査の条件下での,昼夜各時刻における信号の形状特性を考察した。F2層による信号の位置を決定することに基本的な注意を払った。もしEおよびF1による信号の位置が計算で決定されるならば,これは大抵の場合に除去法によって実施可能であることを示した。夏季に,1500km以上の距離に対しては,Eによる信号のレベルがF2による信号に比べて激減すべきことが計算の結果明らかになった。これによって,遠距離のF2信号の位置を一層確実に決定することができる;写図5表1参8
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る