{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012057105769   整理番号:60A0107137

放射線トレーサ技術による超音波洗浄の有効度測定

The effectiveness of ultrasonic degreasing as measured by radiotracer techniques.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 225-231  発行年: 1960年
JST資料番号: C0216A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
TV用ブラウン管~bソードカップの超音波洗浄の研究. C14を含んだステアリンサンを汚物としアイソトープの残をガイガー計数管で測定する.カソードカップは約0.123’x0.36’のNi製品で超音波の周波数18kc,10kcを使用し添加清浄剤として0.1%TergitalNpxを使い最大出力1kWで実験し93%除去できた.清浄剤は水の場合より30%良好で超音波の節と腹とで10%の差があり出力の大きい方が洗浄能力がよい
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る