{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012061142989   整理番号:68A0257551

ジナールしゅう曲帯デボラ川流域の衝上岩体

Тектонические покровы в бассейне р.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 25-48  発行年: 1967年
JST資料番号: R0190B  ISSN: 0016-853X  CODEN: GTKTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
衝上岩体が発達する際には,普通の重力型横がしゅう曲がまず生じる.両者は成因は異なるが運動論的条件がるるため,形態からは区別できない収れん的現象である.衝上岩体の形成は高圧部からの物質の「しぼり出し」が要因であるが,この「しぼ参出し」はれき岩からなる覆が岩体が,melan懐帯内に集積されるために翻こる.衝上岩体の発達する部分では,地毅の個々の地塊に伸長現象がみられることもあるが.これは衝上岩体の圧縮の間接的な結果であろ,なむ,衝上岩体発達の際,いろいろな段階で重力の影響が認められる;図9参25
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る