{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012073380133   整理番号:68A0143668

Eschericんia coliのmutαtor株ににおけるDNAの塩基組成の変化

Altered base ratios in the DNA of an Escherichia coli mutator strain.
著者 (2件):
資料名:
巻: 58  号:ページ: 1895-1902  発行年: 1967年
JST資料番号: D0387A  ISSN: 0027-8424  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
E.Colこの中にmutαtor遺伝子を持つ株がある。これは変異の起る頻度を通常の103倍増加させる。この株のDNAはGC/ATの比率が通常の菌より高くなっていることが,CsC1中での比重測定により判明。またmut T遺伝子は一方向の変異傾向を持っていることが示された;図3表2参24
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る