{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012081754840   整理番号:68A0045914

Chinonの原子力発電所EDF1における1966-7年にわたる2年間の還転結果

Deux annees dexploitation de la tranche EDF de Chinon
著者 (2件):
資料名:
号: 70  ページ: 31-37  発行年: 1968年
JST資料番号: B0102B  CODEN: BIENA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
EDF 1は出力800MWt(82MWe),C02冷却の発電所で1966年には60MWeで6051h,8.6×10s MWh,67年には68 MWe で8054h。2・。1× 10s MWh の運転を行なった。この間の発電量の月別内容,出力上昇の経過,主熱交換器と主ガス循環機での問題点と解決結果・炉心出口C02ガス温度の制御・補助熱交換器・運転制御,警報,燃料などの碓転上の経験を紹介している。またブラッドとしての運転と各部補修の時間的経過が2年間にねたって詳細K示され・68年には全出力運転に入りうることを述べている;写図3表2
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る