{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012087376724   整理番号:68A0282930

タイヤローラよるアスファルトの加熱締め固め

Pneumatiques et compactage a chaud
著者 (1件):
資料名:
巻: 47  号: 77  ページ: 47-48  発行年: 1968年
JST資料番号: C0854A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
仕上げは加熱石油ピッチと骨材を交互に散布し成層するものが普通でありこの方法は一様路面を得るのが難しく,工期も長く天候に支配されやすいなどの欠点が多い。これ片代,り最近は加熱被覆骨材とアスファルトの路上現場混合法が用いられてきている。骨材は乾燥されてフイラーと呼ぱれる石の微粉と混ぜられ,歴青系またはタール系アスファルトと混合せれる。路面に散布した材料はまずマルチプルタイヤローラで5~8パールの圧力で転圧しその後タンデムローヌで仕上げ転圧を行なう。4m幅の車線で4~6cIの層の施工速度は8~10m/分程度である;写図1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る