{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012095417200   整理番号:68A0033281

LiNbO3単単結晶の圧電的および光学的性

著者 (4件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 347-363  発行年: 1968年
JST資料番号: F0137A  ISSN: 0415-3200  CODEN: DTKKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
LiNbO3の単分域単結晶について電気機械的および光学的測定。測定された定数は弾性定数S11E,2S13E+S44E,S14E,S33E,圧電d定数d15,d22,d31,d33および電気光学係数r22T。室温から200°Cまでの値,屈折率n0およびneについては可視光領域において室温から900°Cまでの値。電気機械結合係数はk31=0.02,k22=0.32,k33=0.47で,zyw45°カット棒においてk31’は0.50に達する。強誘電性相における諸定数を解析し,常誘電性構造の持つ異方性の効果と,自発分極により誘起される効果とに分離。自発分極の温度変化を推定し,強誘電的性質について議論;写図22参15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る