{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012102726540   整理番号:68A0103383

s自由度運動シミュレータに関するVTOL操縦系統の研究

VTOL control system studies on a sixdegree-of-freedommotion simulator.
著者 (4件):
資料名:
巻:ページ: 1025-1048  発行年: 1966年
JST資料番号: K19660261  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
安定装置付および無のVTOL操縦系統の概念に関し,標記シミュレータを使用して,ホバリング時における操作特性および操縦力を比較し最適化をはかったもので,主要な傾向としてつぎのものがあげられる.操縦系統が操縦力を与えるとともに航空機を安定させるよう設計されていると,操縦特性は改良され操縦力は低波され,安全性のみのためにはある程度のレイト安定化が必要となるが,同時に姿勢安定化をもつ系統が最も効率的である.また姿勢安定化系統では操縦特性がすぐれ同時に所要操縦力も小さぐなるが,このための安定化の程度は軽度でよいなど;写1図15参6

前のページに戻る