{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012104022575   整理番号:68A0121926

シリカゲルカラムクロマトグラフ法による尿中の微量有機酸の定量

A micromethod for silica-gel column chromatography of urinary organic acids.
著者 (4件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 183-192  発行年: 1968年
JST資料番号: D0072A  ISSN: 0026-265X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
酢酸,乳酸,フマル酸など生理学的に最も重要な12種の有機酸の混合物ならびにヒトおよびラットの尿中に含まれる微量のこれら有機酸の分離,定量を検討した。試料が尿の場合はこれを前処理し,濃硫酸で処理したtert-アミルアルコールで上記有機酸を抽出したのち,標記クロマトグラフ法で各有機酸に分離し,水酸化ナトリウム溶液で滴定する。本法は感度,正確さ,回収率(90~102%),再現性がよく,迅速な方法で,本法によ分分離した有機酸はペーパークロマトグラフ法により分離した結果とよく一致する;写図2表5参6
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る