{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012105593045   整理番号:68A0329030

クコのビタミンB1不顕化物質に関する研究I

著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 55-59  発行年: 1968年
JST資料番号: F0231A  ISSN: 0002-1407  CODEN: NNKKAA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
クコ(Lycium chinense)植物体に存在する耐熱酵素でもなく,チアミナーゼでもないビタミンB1不顕化物質,(I)について研究した.含有量は若葉および根に,果実では未熟のものに多かった.Iは加熱によってB1不顕化能を失わない.Iの水溶液にアセトンを加えると沈殿,塩基性酢酸鉛に吸着される.π-ブタノール:酢酸:水(2:1:1)の展開でRf0.55を示し,この部分の濃縮液に無水エタノールを滴加すると黄褐色針状の結晶を生じ,この結晶はエタノールを除去することにより直ちに羅色樹脂状に変わった.Iの1mgはV.B13μg以上を不顕化する:参7
引用文献 (7件):
  • (1) 松川泰三,万木庄次郎:ビタミン, 6, 480 (1953).
  • (2) 松川泰三,松岡敏郎:ビタミン, 6, 651 (1953).
  • (3) 藤原元典,南条久:ビタミン, 6, 629 (1953).
  • (4) 内野仙治:ビタミン, 6, 629 (1953).
  • (5) 三浦運一,藤原元典,渡辺弘:ビタミン, 4, 139, 209 (1950).
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る