{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602012107387019   整理番号:58A0025931

1,4-ベンゾキノンのポーラログラフ還元における支持電解質の影響

Effect of Supporting Electrolyte on Polarographic Reduction of 1,4-Benzoquinone.
著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号: 11  ページ: 1726-1729  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0395A  ISSN: 0003-2700  CODEN: ANCHAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1,4-ベンゾキノンをマグネシウムまたは亜鉛溶液中で電解還元をすると,金属が水酸イオンと反応し滴の表面でpHの緩衝液のように働く。これを利用して水酸化亜鉛の溶解度績3.0×10-16,酸化亜鉛の溶解度積3.2×10-17を求めた
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る