{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012110146650   整理番号:68A0244676

銀入銅の耐熱特性奮短時間加熱試験後の特性

著者 (4件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 37-42  発行年: 1968年
JST資料番号: F0024A  ISSN: 0387-2181  CODEN: SDDRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
鍛量の銀を含む銀入銅の耐熱特性を中心にした諸特性と銀添加量との関係を短時間加熱試験により求めた。実験には銀成分が0.02~0.4%の範囲にある6試料を作成引張強さ,導電串,顕微鏡組繊などをタ7ビッチ銅と比較検討した。引張強さは銀の添加量の増加に比例して増加し,高温における強さはタフビッチ銅に比べて非常にすぐれている。導電串の低下は極めて少な,加工性も向上する;写図23表2参14
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る