{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012110912507   整理番号:68A0011320

前方弾性散乱の超収束条件の間の関係IスピンOの粒子の任意ス散ン粒子による散乱

Relations among the superconvergence conditions for forward elastic scattering I Scattering of a spinless particle by a particle with arbitrary spin
著者 (1件):
資料名:
巻: 163  号:ページ: 1568-1572  発行年: 1967年
JST資料番号: D0323B  ISSN: 0031-899X  CODEN: PHRVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
前方弾性散乱の超収束条件の間の関係を調べ,t=0でtチャネルヘリシティ振幅の間に恒等式が存在することから,超収束関係式は,互に独立ではないことを示す。しかし異なる運動学的因子をもったtチャネルヘリシティ振幅から導かれる超収束関係式は,互に独立である;参10
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る