{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012111140036   整理番号:68A0336790

空冷式熱交換器について

著者 (1件):
資料名:
巻: 35  号:ページ: 163-176  発行年: 1968年
JST資料番号: F0873A  ISSN: 0369-3783  CODEN: NEONAA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
近年いちじるしい海水汚染,地下水汲上げ制限,工業用水の不足などによって水の使用が大きく制約され,石油精製や石油化学を中心として空気を冷媒とする空冷式の熱交換器がプラソトに採用されっつある.ここでは石川島播磨重工が英国ヘッドライトソン社との技術提携により開発したIHI-HW空冷熱交換器をモデルとし解説した.
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る