{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012118869589   整理番号:68A0209418

雑音を有する平衡変調信号の周波数2てい倍器の通過

Прохождение балансномодулированного сигка ла с шумом через удвоитель частоты ольховик в.
資料名:
巻: 22  号: 12  ページ: 7-  発行年: 1967年
JST資料番号: R0089A  ISSN: 0033-8486  CODEN: RATEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
てい倍器の陽極側に遅れのない非直線素子と直線素子を直列接続した回路をもち,非直線素子は自乗特性で表わされ,てい倍器の周波数特性が与えられていると仮定し,共振回路を通る白色雑音の相関関数が既知で,雑音をもつ平衡変調信号がてい倍器を通る場合を考え,てい倍器の出力の信号対雑音比のてい倍器の入力の信号対雑音化に対する関係を考察する。信号が強いときにはてい倍器は直線素子と考えることができるが,弱いときには信号は雑音によって抑圧されることを示す;写図2参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る