{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012126660680   整理番号:68A0266033

簸罐中の酸化力ムの水和

ГИДРАТАЦИЯ ОКИСИ КАЛЬЦИЯ В ГИДРАВЛИЧЕСКОЙ ИЗВЕСТИ
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 109-113  発行年: 1968年
JST資料番号: R0152A  ISSN: 0536-1052  CODEN: IVZSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
酸化剤の中の泥’まじりの石灰を温度U00~1500°C O範囲で焼くとき製遶した水硬性石灰の水和に関する機構を調査した。この石灰はC,0を63%,2 Ca0・ Sj02 (β変態のタイプ)を309とカルシウムアルモフェライトを75含有していた。石灰の粉砕した細度および温度条件が消和し々かった粒子量と水和プロセスの時間に与える影響を定量的に分析し,酸化カルシウムの周囲の骰を形成するシリカートとカルシウムアルモフェライトがCaOの結晶面に水が浸入するOを妨げ,また石灰の粉砕が不足すると消和プロセスを極めて遅らせることを示した;写図1表1参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る