{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012129063020   整理番号:68A0312643

陽イオン用ヴァンドグラーフ加速器における制動放射の分布

Die Bremsstrahlungsverteilung an einem VandeGraaffBeschleuniger ftlr positive Ionen.
著者 (1件):
資料名:
巻:号: 10  ページ: 471-475  発行年: 1967年
JST資料番号: H0086A  CODEN: KTITA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ベルギーのGee1にあるユーラトム厚子核研究所に設置された陽イオン加速用グァン・ ド。グラーフについて,制動放射の発生の模様を実験的に調べた。啖械は米国のHigh V oltage 社製で8MeVまで加速できる。求めたものは陽子の加速エネルギーを1.2,8M3Vと変えたときの三次元的な等線量曲面(実際には垂直な平面と水平な平面の上に曲線で表わしている),加速エネルギーおよび放出角をパラメータとしたとき鉛フィルタの厚さによる実効エネルギーの変化,それに加速エネルギーを変えたとき,それ以外の条件を一定して,標的から一定の場所で得られる照射率の変化(実験は,電流値20yjA,ビームK対し90°の方向Klmの距離で行っている)の三つであり,矛3番目の実験結果から,制動放射の生成量に関し次の実験式を導いている。すなわち,j=k・60W5ここでjは〔mR/h〕で表わした照射率,W。は〔MeV〕で殺わした陽ミFのエネルギー,kはビームの絞り具合によって決まる補正係数で,0.5≦k≦5の値をとるc本報の前半には電子を加速した場合K発生する制動放射についての知識がレビューされており,陽子の場合と対比できるよう考慮が払われている;図9参13(加藤 和明)
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る