{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012136136610   整理番号:68A0131845

陽イオン交換樹脂ペーパークロマトグラフィーによるジニトロフェニル誘導体としての植物組織中のエタノールアミンの分析

Analysis of ethanolamine in plant tissues as dinitro-phenyl derivative by cation exchange resin paper chromatography.
著者 (2件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 777-779  発行年: 1968年
JST資料番号: C0278A  ISSN: 0021-9673  CODEN: JOCRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1-フルオルー2,4-ジニトロベンゼンを用いてエタノールアミンを誘導体とし,陽イオン交換樹脂ペーパー,WA-2(H+型)上で展開分離し,スポット部を切断,抽出後,分光光度法で定量した;図1表1参6

前のページに戻る