{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012145010565   整理番号:68A0161855

同一遺伝源から得た2倍体および3倍体雑種てん菜の栽培成績

Performance of diploid and triploid sugar beet hybrids from the same genetic source.
著者 (4件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 578-592  発行年: 1967年
JST資料番号: C0431A  ISSN: 0003-1216  CODEN: JASBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
4種の2倍体自殖系統のてん菜ならびにそれらのコルヒチン処理によ得得た4倍体てん菜と8種の雄性不ねんてん菜をそれぞれ交配親とした雑種(2倍体と4倍体)ならびに交配親を栽培し,スタンド数し糖糖%,収量,純糖率,全窒素を調べた。その結果.一般に2倍体花粉親は倍音体よりスタンド数,しょ糖%,収量にすぐれている雄性不ねんてん菜間に,収量としょ糖%に対する一般組合せ能力に差がある。2倍体雑種は3倍体雑種よりスタンド数,収量,しょ糖%にすぐれている。しかし,純糖率と全窒素については差がない;表9参6

前のページに戻る