{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012155622992   整理番号:68A0316429

飛行時間法における速中性子シンチレーション検出器

著者 (1件):
資料名:
巻: 37  号:ページ: 737-743  発行年: 1968年
JST資料番号: F0252A  ISSN: 0369-8009  CODEN: OYBSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
シフチレータ検出噐を速中性子飛行時間測定法に用いた場合の各種の最近の話題を解説した。有機シンチレータでは最近多く使用されているNE213に関する資料をもとにしてその他の特徴的なシンチレータや.応答の早い光電子増倍管を紹介した。特にkeV領域の中性子の検出に10B-NaIや単にNaIを用いた場合の応答の例を述べた。やはりkeV中性子による捕獲に伴うγ線の検出から捕獲断面積を求めた例をいくつかあげてそれらの方法による検出効率と時間分解能が比較された。特殊なくふうを加えた例として分裂核種の捕獲分裂断面積比(α値)や液体リウムによる散乱中性子の偏極度の測定に飛行時間法る適用した例を述べた;写図10表2参36(著者抄録)
引用文献 (36件):
  • 1) J. Kirkbride, E. C. Yates and D. G. Crandall: Nuclear Instrum. Meth. 52 (1967) 293.
  • 2) J. B. Czirr: Nuclear Instrum. Meth. 25 (1963) 106.
  • 3) T. A. King and R. Voltz: Proc. Roy. Soc. A289 (1966) 424.
  • 4) J. B. Czirr, D. R. Nygren and C. D. Zafiratos: Nuclear Instrum. Meth. 31 (1964) 226.
  • 5) R. B. Batchelor, W. B. Gilboy, J. B. Parker and J. H. Towe: Nuclear Instrum. Meth. 13 (1961) 70.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る