{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012161486782   整理番号:68A0029118

Niにおける残留抵抗とKohler則

Residual resistivity and Kohlers rule in nickel
著者 (2件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 2047-2052  発行年: 1968年
JST資料番号: C0266A  ISSN: 0021-8979  CODEN: JAPIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Ni多結晶はくの磁気抵抗を測定した。用いた各試料は,Cr不純物原子,転位などの散乱中心のうち,1種類を含む様に作られた。この測定結果がKohler則に従うための条件は,(1)磁束密度B=H+4πMs(Mは磁化)を磁場として考え,ρ0をH=0のときのρの値でなく,B=0のとさの値ρ〓をとること,(2)残留抵抗ρ0が,ある1種類の散乱機構が変ることにより変ることである。ρ〓を求める新しい方法を述べる;写図6参20
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る