{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012163350098   整理番号:68A0145542

マウス子宮に結合するエヌトロゲンの構造的特徴:vi-まアoにおけるエストロゲンミロエストロールによる17-βエヌトラジォール結合の阻害

Structural characteristics of oestrogen binding in the mouse uterus Inhibition of 17p-oestradiol binding in vitro by a plant oestrogen,miroestrol.
著者 (1件):
資料名:
巻: 26  号:ページ: 15-21  発行年: 1968年
JST資料番号: A0551A  ISSN: 0001-6683  CODEN: APTSAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: デンマーク (DNK) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
幼若マウスの子宮と横隔膜をとははずし,トリチウム標識17β-エストラジォール溶液中でインキュベートすると子宮は横隔膜の20~30倍も多くと動込む。このとり込みはエヌトロゲン,ミロエストロールによって完全に抑制される。これらの構造的関連について検討した;図3表1参15
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る