{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012172577844   整理番号:68A0250839

磁鉄鉱の結晶間元素の相互関係

Intracrystalline element correlation in magnetite.
著者 (1件):
資料名:
巻: 62  号:ページ: 487-493  発行年: 1967年
JST資料番号: B0419A  ISSN: 0361-0128  CODEN: ECGLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
磁鉄鉱中のFe2+やFe3+イオンを置換して各種の2価,3価および4価イオン,例えばMg2+,V3+,Ti4+が入ることが知られている。しかし,これらのイオンの相互関係はまだよく研究されていない。本論では,磁鉄鉱のFe2+やFe3+を置換して入るMg2+,Mn,Al,V3+およびTiの相互関係を結晶化学的立場より論じた。これら元素のイオンポテンシャル,イオン半径より理論的考案を進め,インド,Bihar州のDublaberaはんれい岩とら9個,東グリーンランドのSkaergaardはんれい岩から11個の磁鉄鉱の分析値を検討した。Ti-Mg,Ti-Mn,Ti-Vの相互関係は,いずれもTiが増加につれ他の元素も増加し,Ti-Alではその逆であることを明らかにした;図4表2参7
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る