{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012186204196   整理番号:68A0322030

N体問題への散乱アプローチ

Scattering approach to the Nbody problem.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1691  号:ページ: 1265-1272  発行年: 1968年
JST資料番号: D0323B  ISSN: 0031-899X  CODEN: PHRVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
N体問題での散乱振幅の積分方程式を提唱した。それは摂動論の図式を利用し,Hugenholtzのくりこみ法を使って導き出した。これらの式のカーネルは,N個未満の粒子に対する散乱振幅にのみ依存し,結局3体散乱のFaddeevの式に帰着される。この式を束縛状態散乱へ適用し,またその近似法として,極展開の方法や,ハートリー・フォックの近似などについて検討した;写図2参13
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る