{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012203089274   整理番号:68A0137890

ピフェニルのオキシ誘導体の分光測法による同定

Spektrophotoraetrische Identifizierungen von Hydroxy-derivaten des Biphenyls.
著者 (3件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 880-883  発行年: 1968年
JST資料番号: A0462A  ISSN: 0004-4172  CODEN: ARZNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウサギに10mg/kgの用量でビフェニルを静脈投与。その後5日間尿を集め,代謝産物を同定した。尿を硫酸酸性下でエーテル抽出し,0.5N水酸化ナトリウムで振とう。その後の各種処置によりビフェニル-2-オール,ビフェニル-2,2‘-ジオール,ビフェニル-4-オール,ビフェニル-4,4’-ジオールが薄層クロマトグラフィー,UV吸収により同定。未成熟動物の実験でビフェニル-2-オールの代謝物が知られていたが,ここに成熟動物でもその存在が証明され,その他の代謝物の存在を示した。ビフェニール-4-オール投与後の研究でIR吸収はビフェニルの1つのベンゼン核の開裂を証明;写図5表5参9
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る