{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012210628210   整理番号:68A0246889

Monktonhall炭鉱における保安と能率

Safety and efficiency at Monktonhall colliery.
著者 (1件):
資料名:
巻: 127  号: 95  ページ: 614-620  発行年: 1968年
JST資料番号: E0285A  ISSN: 0026-5179  CODEN: MNEGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
同炭鉱はエ1953年に設計され,計画出炭量を日産4,000tとして,1965年1月に南1番切羽,2月に南5番切羽の出炭を開始したのであるが,現在日産5,000t以上の出炭量を維持しており,1968年には深度900mの深部切羽から1日24でで7,000tをこえる記録出炭量をあげるにいたった。炭鉱の保安と生産能率はお互いに関係があることは明らかであるが,同炭鉱の場合には安全な炭鉱が高能率の炭鉱であることを立証する好例であるといえる。保安は人と技術と環境に関するダイナミックな問題であり,保安運動は絶えず行なわなけれはならないものである;表1参2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る