{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012210780179   整理番号:68A0256515

地球の自由振動によるQ値の測定

Measurement of Q,values from the free oscillations of the earth.
著者 (1件):
資料名:
巻: 73  号:ページ: 1407-1415  発行年: 1968年
JST資料番号: C0294A  ISSN: 0148-0227  CODEN: JJGRDA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1964年3月のアラスカ地震,1965年2月のRat島の地震の際の自由振動について,各モードのスペクトル振幅を求め,その時間的減衰から伸伸び縮み”細よび“ずれ”振動のQを計算した。1S3,1S5,および1S7についての平均のQは181土18,0S10~0S24については251土42となり,Qの大きい層が約600km付近から始まることを示している。oTs~。T21については194土56と求められた。な診,Qの計算に対する誤差,および,スペクトル振幅の異常な時間的変化についても簡単に考察した;写図7表3参20
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る