{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012212672349   整理番号:68A0261458

F領域における太陽フレア効果

著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号: 71  ページ: 201-211  発行年: 1968年
JST資料番号: F0415A  ISSN: 0033-801X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
F領域の太陽.フレア効果の研究は,鉛直投射観測だけに頼っている状態であり,しかもF層自身の変化が大きいために,ある変化がフレア効果と断定できず,地上観灘ではD,E領域のフレアにおおわれて領領域内の変化としての分離が困難である。また,F領域内のフレア効果はもともと小さい。以上の理由により,フレア効果の報告や現象自体が少簸い。本文ではWaddingtonがまとめた表に補足した領讀域異常電離現象の表を掲げ,それぞれについて現象と解釈を加え,また,総括的な議論と今後の問題点を示す;写図1豹表1参13
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る