{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012222736000   整理番号:68A0155075

ラットにおける麻薬性鎮痛薬の急性耐薬性

Acute tolerance to narcotic analgesic drugs in rats.
著者 (3件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 245-256  発行年: 1968年
JST資料番号: B0334A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラットにモルヒネ慶よび数種の麻薬性鎮痛薬を連続的に静脈ょりかん流することによって3~4時間で耐薬性を発現させ,にの耐薬性がたんぱく合成阻害薬アクチノマィシンDによりうける影響を検討した。アクチノマイシンDをこれらの鎮痛薬と同時にかん流すると耐薬性が生じにくくなる。しかしアクチノマイシンDはそれ自身では圧刺激のいき値や,窒素の尿中排出に影響を与えない。アクチノマイシンDはすでに生じた耐薬性をと除除くことはできない。したがってこれは耐薬性が生ずる過程に作用するようである;写図8表2参8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る