{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012239296586   整理番号:60A0113839

鋼の溶接時に発生する強さ低下域の研究

Исследование зоны разупрочнения, возникающей при сварке сталей.
著者 (3件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 24,25-26,24(1)  発行年: 1960年
JST資料番号: R0068A  ISSN: 0026-0819  CODEN: MTOMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
C<0.2%,Cr<1%,Mo<1%,V<1%およびC<0.15%,Cr1%,Mo1%,V<1%,C<0.34%,Cr<1%,Mo<1%の鋼を溶接すると溶接方法とは無関係に融合部から若干離れた所にある幅をもった強さ低下域が生じ,時間強さ試験でこの部分が破壊する。この領域はパーライトとフエライトの粗粒から成り両者の分布は不均等でフエライトの格予定数は母材,変質部におけるよりも大きい。溶接時はA1-A8の中間温度に熱せられた部分と考えられる;写3表1参4
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る