{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012244658143   整理番号:68A0111330

ZnO-Cr2O3触媒の触媒活性に対する圧縮圧の影響

Effects of compacting pressure on the catalytic activity of the ZnO-CrO5 catalyst.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 251-262  発行年: 1967年
JST資料番号: H0480A  ISSN: 0021-9517  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ZnO-Cr2O3触媒を圧縮するとメタノールの分解に対する触媒活性が変化することが見い出され,活性の最大は2500kg/cm2の圧縮圧をかけた時にあらわれた。電子回折をなったところ,ZnCr2O4(スピネル型)の格子間距離が圧縮によって変ヒし,2500kg/cm2の圧力をかけた場合に最になることがわった。これらの事実からこの触媒に誇ける活性成分をZnCr2O4であって,ZnCr2O4の格子捌距離の変ヒヒペ観測された触媒活性の変化の原因であると結論した写図10表1参14
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る