{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012260579601   整理番号:68A0106629

ヘリコプタ複合化の前途の望み

The promise of compounding.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 77,79-111  発行年: 1966年
JST資料番号: B0911A  CODEN: AGCPA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
複合ヘリコプタに関して,最近の技術段階を概説し予想される改良を述べその将来を推察したもの。軍用機としての運動性の要求は普通ヘリとしてのホバリング効率や揚抗比を制約するが,大形輸送機としては速度および生産性は普通ヘリのそれより向上し,構造荷重や振動は問題として残るが,最高速度270ktのものは実現できる見通しである。また操縦安定性は問題にならないようであるが,戦斗運動や突風に対してロータの保護対策および自転降下時の揚力制御が必要であり,揚力と推進用推力の混合制御のため関連系統の複雑化はさけられず,運航費も多分高くなるであろうなど解説;図22 表1 参31
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る