{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602012287877043   整理番号:58A0021059

連続変化法による有色酸-含窒素塩基錯化合物の組成の決定

Determination de la composition de complexes ”colorant acide-base azotee” au moyen de la methode des variations continues.
著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 195 - 202  発行年: 1958年
JST資料番号: A0409A  ISSN: 0003-4509  CODEN: APFRAD  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エォシン,エリスロシン,ベンガル・ローズなどの有色酸とパパベリン,ピペラジン,アトロピンなどの含窒素塩基との錨化合物の組成

前のページに戻る