{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012300953412   整理番号:68A0290017

東名高速道路の幾何構造と交通施設

著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 71-76  発行年: 1968年
JST資料番号: F0026A  ISSN: 0387-0790  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
まず線形と路線選定として,線形は円曲線とクロソイド曲線の連続であり直線部は4.4%しかない事やその理由,富士川橋,浜名湖橋の特色を述べている。本線の幾何構造としては,標準断面,中央分離帯の構造などを解説している。連絡施設として,IC,施設間距離図,横断構成,変速車線,ランプなどを示し,パスストップの標準形状寸法図なども示している;写図13表5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る