{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012334935561   整理番号:68A0267169

骨材組識へのアルカリンリカ反応についての実験

Experiments with alkalisilica reactive constituents of sandgravel aggregate
著者 (1件):
資料名:
号: 124  ページ: 41-49  発行年: 1966年
JST資料番号: B0663A  ISSN: 0073-2206  CODEN: HIRRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カンサスーネプラスカ地域やその付近から出るある種の天然骨材でつくられたコンクリートが膨張,ひびわれそして早期破壊などの反応をおこすことが知られぞる。こうした骨材は岩石構造学的な試験で認知できる。調査によると満足なコンクリートは低アルカリセメントおよび適当に破砕された石灰石の骨材を用いると得られることが示された;表7参9
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る