{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602012361939480   整理番号:58A0060193

レーダデータ表示法の進歩

Improvements in Radar Data Presentation.
著者 (2件):
資料名:
巻: ANE-5  号:ページ: 91-95  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0230A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
舶用レーダへの蓄積管(記憶用)の応用を述べたもので,レーダ距離範囲内の他の船舶が同様に装備されれば自動操縦を行い得る。表示法として船の相対的な動きと絶対的な動きを組合せて表示し,船員の判断の必要をなくした。6個の表示方法によって他の船の概略の様子,絶対航路む絶対速度などをプロッタ,計算機などを使用せずに直接示すものである
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る