{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012388719104   整理番号:60A0037841

加鉛鋼の加工特性

Machining characteristics of leaded steel
著者 (2件):
資料名:
巻: 82  号:ページ: 347-359  発行年: 1960年
JST資料番号: E0270B  CODEN: JEPOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[鋼に鉛を加えるとその切削性が改善されるが,それが量的に研究されるようになったのは,比較的最近のことである.ここでは,切削速度は50~800ft)m,被削材のかたさはBhn 280~450に変えた.材料は4,340,刃物はC-6である.二次元切削実験を行ない,刃物の寿命を調べるなめには各種の切削速度で,一般の工業用工具が破損するまでの切削を行なった.実験結果を説.明するために,鉛を加えた鋼の切削機構について論じ,とくに切削における鉛の.潤滑作用について考察した;写5図7表l参詣]
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る