{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012405997636   整理番号:60A0022233

利潤最大化に関する問題

The trouble with profit maximization
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 126-134  発行年: 1960年
JST資料番号: C0203A  ISSN: 0017-8012  CODEN: HABRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国産業界において利潤最大化が主要な目標になっているのであろうか.という問題を筆者はまず提起する.たしカ刈こ.経済学などの学問においては,利潤最大化を根本前提とした研究があるのだが,実際には利潤最大化とあまり関係のない別の目標を持って日常の業務が行なわれている場合が多い.では何故に学問的には利潤最大化を前提におくのか,実際の米国のビジネスにおける主要な目標は何か.満足な利益の確保と利潤最大化との差異は何か,といった諸点を検討し,利潤最大化は現実の実業家の行動またはその規範を説明するものではないことを指摘している;図1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る