{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012450869932   整理番号:60A0062519

テトラフルオルエチレンとヘキサフルオルプロビレンの共重合体の内部摩擦

A study of internal friction in copolymers of tetrafluoroethylene and hexafluoropropylene.
著者 (1件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 50-66  発行年: 1959年
JST資料番号: D0010A  ISSN: 0025-116X  CODEN: MACEAK  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ねじり振子(約1cps.の振動数)を用いて,表題の測定をおこなった。共重合体中のHFP組成はo~14mole%でHFP含量の増加により,(1)結晶無秩序転移温度の低下,(2)大きさの増大とガラスIピークが400から348°Kに低下,(3)ガラスIIピークの減少,温度は177°Kのまま,などの現象がみられ,これらを重合体構造の変化から論じた
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る