{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012485065062   整理番号:60A0018416

衝撃試験により表わされた球状黒鉛錆鉄の延性

The ductility of nodular cast irons as revealed by the impact test.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 401-421  発行年: 1960年
JST資料番号: B0126B  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
切欠き衝撃試験により標題錆鉄の延性に及ぼす影暮を検討,常温での衝撃荷重抵抗を得るためにビi,Mn,P,Ni,などは制限すべきである.焼なまし処理も延性に影響する.この錆鉄は相当高い転位温度をもつが,過度になれば引張強さを減少させるので焼なまし処理を施して低下させる,その他熱処理による伸びとかたきの変化,結晶粒度とふん囲気温度の引張り強さに及ほす影響,Snの引張強さと転位愚度に及ぼす影響などを研究;写12図20表13参1
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る