{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012518815518   整理番号:68A0084096

ニッケル-クロムめっきの腐食挙動

著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号: 10  ページ: 6-11  発行年: 1967年
JST資料番号: F0006A  ISSN: 0010-9355  CODEN: BOGJAW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Ni-Crめっき系腐食機構を明らかにし,耐食性の評価方法を検討するため,Ni-Crめっき試料の開路電位ならびに定電位分極特性の測定を行なった。さらにニッケル上の腐食孔を顕微鏡で観察することによりニッケルめっきの腐食に及ぼすクロムめっき層の影響を調べた。Ni-Crめっきの腐食については,クロムめっきの欠陥の底部において下地のニッケルめっきにおけるニッケルの腐食する速度を電流密度として測定できる。Ni-Crめっきにおけるニッケルの腐食は,めっき中にいおうが存在するとき,あるいは腐食溶液中に塩素イオンが存在するとき過速される;写図15 表1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る