{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012536487021   整理番号:60A0099037

アンプリトロン(Amplitron)の理論

Theory of the amplitron.
著者 (1件):
資料名:
巻: ED-6  号:ページ: 419-428  発行年: 1959年
JST資料番号: C0222A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
正規モードの観点から,電子の再循還時間の短かい中信号レベルで動作するアンブリトロン装置の理論的解析.この場合の空間電荷の性質は等しい角間隙を有する同長のスポークの組み合わせが作用空間中を回転する場合から推論される。このような構造の空間電荷が遅延線路に及ぼす誘導効果を周期性を考慮に入れて計算した
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る