{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012606729168   整理番号:60A0053364

二つの反強磁性マンガン塩の磁化率と相転移

Magnetic susceptibilities and phase transitions of two antiferromagnetic manganese salts.
著者 (3件):
資料名:
巻: 1960  号: 317b  ページ: 1-15  発行年: 1960年
JST資料番号: B0299A  CODEN: CMKOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
physica 25 954(’59)からのリプリント:MnCl2・4H2OおよびMnBr2・4H2Oの単結晶の磁化率を1~300°Kで測定。液体ヘリウム温度で両者とも反強磁性となる。NMRによって反強磁性状態間の転移が認められた。Gorterら(’56)の分子場の理論と比較し,よく一致した
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る