{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012654514777   整理番号:60A0013139

偏極を含む電子-光子カスケードの碓率的問題

The stochastic problem of electron-photon cascades including polarization.
著者 (2件):
資料名:
巻: 76  号: 491  ページ: 650-656  発行年: 1960年
JST資料番号: D0390A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子-光子カスケード理論を確率理論でよく知られに主成物密度関数によって多重発生粒子の偏極状態の記述を含むように調べた.偏極度1の適当な縦偏極生成物密度関数を定義して.媒質の厚さ0~tで生成される縦偏極粒子の平均数の式を得た.偏極度2の生成物密度に対する式も簡単に扱った
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る