{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602012677935338   整理番号:60A0026645

管内における非定常層流熱伝達

Unsteady turbulent heat transfer in tubes.
著者 (2件):
資料名:
巻: 82  号:ページ: 170-180  発行年: 1960年
JST資料番号: E0270B  CODEN: JEPOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
円管内乱流について壁温が時間的変化をする場合の熱伝達を解析流れは定常で完全に発達していると仮定.今までになされた過渡現象の解析においては,完全に発達した定常状態での熱伝達係数が使用されたが,本論文では,熱伝達係数がエネルギー保存則にしたがって時間的,空間的に変化するとして壁温が階段的に変化した場合の伝熱将性を求め,これを重ね合せの方法で任意の温度変化へと一般化している.具体例として壁温が時間に比例して変化する場合を解析.定常熱伝達係数を用いた結果と比較;図11表3参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る